読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

subversion+ssh

■ 目的
subversionsshの公開鍵認証経由で安全にアクセスすることを目的とします。

■ 設定
当ブログのSSH(公開鍵認証)で紹介した公開鍵認証はopenssh形式なので、subversionではアクセスできません。
putty用の公開鍵と秘密鍵を作成します。

まずは、puttygenをダウンロードして、公開鍵と秘密鍵を作成します。
作成したものを下記とします。
・test.pub -> 公開鍵
・test.ppk -> 秘密鍵

鍵を作成したいユーザでログインして作業を行います。

ssh用のディレクトリを作成
[test@example ~]# mkdir ~/.ssh

「.ssh」ディレクトリのパーミッションを変更
[test@example ~]# chmod 700 .ssh

「.ssh」ディレクトリに移動
[test@example ~]# cd .ssh

puttygenで作成した公開鍵をopenssh形式に変換
[test@example .ssh]# ssh-keygen -i -f test.pub >> authorized_keys2

authorized_keysのパーミッションを変更
[test@example .ssh]# chmod 644 authorized_keys


これでputtygenで作成した秘密鍵(test.ppk)を使用すれば、subversionに公開鍵認証経由でアクセスできます。

アクセスする場合は以下の形式でリポジトリにアクセスします。
svn+ssh://サーバー名/リポジトリへのパス