読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Java JDK

JDKとは
Java言語でプログラミングを行なう際に必要な最低限のソフトウェアのセットです。
コンパイラ・デバッガ・JVMなどが含まれます。

■ ダウンロード
公式サイトからJDK1.5を入手します。(bin版をダウンロードしてください)
http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.html

■ インストール

展開
[root@example tmp]# ./jdk-1_5_0_18-linux-i586.bin

展開したディレクトリを「/usr/local」に配置
[root@example tmp]# mv jdk1.5.0_18/ /usr/local/

シンボリックリンク
[root@example tmp]# ln -s /usr/local/jdk1.5.0_18/ /usr/local/java

環境ファイルに環境変数を設定します。
設定ファイル:/etc/profile

export JAVA_HOME=/usr/local/java
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

設定したファイルを反映させます。

[root@example ~]# source /etc/profile

■ 動作確認
適当なディレクトリに「Test.java」というファイルを作成して、以下の内容を書き込み保存します。

public class Test {
public static void main(String[] args) {
System.out.println("Hello World!");
}
}

コンパイルします。

[root@example ~]# javac Test.java

実行します。

[root@example ~]# java Test

Hello World!」が表示されれば完了です。