読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットワーク

ネットワーク設定にはDHCPで動的にプライベートIPアドレスを設定する方法とIPアドレスを固定する方法があります。

ネットワークサービス操作コマンド

# 起動
service network start
# 停止
service network stop
# 再起動
service network restart
# 状態表示
service network status

設定ファイル(固定IPアドレス
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

 # デバイス名
DEVICE=eth0
# IPアドレスの設定方法
# static:固定IPアドレス
# none:手動
# dhcp:DHCP
BOOTPROTO=static
# ブロードキャストアドレス
BROADCAST=192.168.1.255
# MACアドレス
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
# 固定したいIPアドレス
IPADDR=192.168.1.100
# サブネットマスク
NETMASK=255.255.255.0
# ネットワーク
NETWORK=192.168.1.0
# システム起動時にデバイスを有効にするか(yes/no)
ONBOOT=yes

/etc/sysconfig/network

# ネットワーク機能を利用するか(yes/no)
NETWORKING=yes
# IPv6を利用するか(yes/no)
NETWORKING_IPV6=no
# 自身のホスト名
HOSTNAME=oboerutech.jp
# デフォルトゲートウェイIPアドレス
# (通常はルータのIPアドレスを指定)
GATEWAY=192.168.1.1
/etc/resolv.conf
# ホスト名をそのまま指定された場合のドメインを指定
# 例)oboerutech -> oboerutech.jp
search jp
# DNSサーバのIPアドレスを指定
# (ルータを使用している場合は、
# 基本的にルータがDNSサーバのアドレスを
# 自動取得してくれているため
# ルータのアドレスを指定すれば問題ない場合が多い)
nameserver 192.168.1.1

うまくいかない場合はネットワーク設定の確認をしてみましょう。


vmware上で動いている場合の注意点
vmwareで仮想サーバーを立てる利点の1つは、設定をミスして動かなくなっても、コピーでバックアップを取っていれば、その時点にいつでも戻せることです。
ですが、コピーでバックアップを取っていると、.vmxファイルに記述されているMACアドレスが古いままになっていることがあります。
その場合はifcfg-eth0の「HWADDR」の値を.vmxに記述されている「ethernet0.generatedAddress」の値と合わせましょう。